広告2017.2.27

京橋ファクトリー、オノヤ「リフォペディア」の広告販売を開始

2月22日に広告販売を開始

株式会社京橋ファクトリーは、2月24日、株式会社オノヤが運営するウェブメディア『リフォペディア』の広告代理店契約を行い、広告販売を開始したと発表した。

京橋ファクトリーは、インターネットメディア事業などを手がける企業。オノヤは、リフォーム・不動産・インテリア事業を展開する企業。広告販売の開始は、2月22日に行われている。

メインユーザー層は、20代後半から30代の女性

『リフォペディア』は、「すまい」に関する情報を提供するウェブメディア。毎日の暮らしをよりよく変える「すまい」の課題解決法や、リフォームを成功させるコツなどを、「すまいのプロ」たちが現場で培った経験を活かして発信している。

同サイトは、月間22万PV、ユーザー数は12万人を誇る。メインユーザー層は、ライフスタイルに関心の高い20代後半から30代の女性であり、住宅に関するニーズが明確な読者が多い。そのため今回の広告枠は、インテリアや暮らしに関する商品やサービスなどへの効果が期待できると、京橋ファクトリーはしている。

価格は30日間で120000円~200000円

京橋ファクトリーは、『ビール女子』などのメディア運営をはじめ、オウンドメディア改善・コンテンツマーケティングでの集客支援『コンテンツ係長』、ターゲットを絞り込んだ効率的なサンプリングを実施する『コミュニティサンプリング』など、多くの実績を持つ。

『リフォペディア』の広告枠はPC・スマホ共通であり、価格は30日間で120000円~200000円となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社京橋ファクトリー
http://kyobashi-factory.co.jp/

リフォペディア - 株式会社オノヤ
http://refopedia.jp/

すまいのプロが情報発信するウェブメディア「リフォペディア」の広告枠販売を開始 - DreamNews
http://www.dreamnews.jp/press/0000148007/

この記事を書いた人

広告研究ニュース編集部

ダイレクトメールやポスティングなどを中心として、広告に関するニュースやマーケティングに役立つ情報を提供します。