広告2017.2.27

サイバーエージェントとアイリッジ、ターゲティング広告配信で連携

位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づき

株式会社サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオと、株式会社アイリッジは、2月24日、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信の分野で連携したと発表した。

この連携では、アドテクスタジオが提供する行動分析ターゲティングツール『AIR TRACK』とアイリッジが提供する位置情報連動型プッシュ通知ASP『popinfo』の連携が行われる。

『AIR TRACK』と『popinfo』を

『AIR TRACK』は、特定のエリアに訪れたユーザーに対してターゲティング広告を配信するサービス。位置情報の取り扱いについて同意したユーザーを対象に、広告主の広告に興味を持つ可能性の高いターゲット属性を導き出して、配信を行う。

『popinfo』はスマートフォンアプリに組み込むだけで、ユーザーの位置情報・属性・時間に応じた情報を、待受画面にポップアップで配信できるサービス。店舗などに近づいたユーザーやオンラインのユーザーを、実店舗に誘導することに高い効果を発揮する。

より精度の高い位置情報に基づく広告配信

今回、『AIR TRACK』と『popinfo』が機能連携を行うことで、より精度の高い位置情報に基づくプッシュ通知や広告配信が可能となる。既存ユーザーの来店活性化やリピート率の向上に加え、見込みのある新規ユーザーの検出や休眠ユーザーへの利用再開促進などでも、効果を発揮するという。

さらに、導入企業の購買データと連携すると、新規ユーザーの獲得から来店・購買まで包括的な計測・分析も可能であるため、より高度なマーケティングの実現が可能となるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や 行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携 - 株式会社アイリッジ
https://iridge.jp/news/201702/14337/

この記事を書いた人

広告研究ニュース編集部

ダイレクトメールやポスティングなどを中心として、広告に関するニュースやマーケティングに役立つ情報を提供します。