DM2017.3.2

スバルがシンプルなダイレクトメールで新車を大きくプロモーション

スバルが「レガシィ」2017年モデルのプロモーションのために、ダイレクトメールを2016年9月に送付。シンプルでありながらも効果的な内容になっていたとしてWho's Mailing What!のディレクターであるPaul Bobnak氏が2月23日、Target Marketingのブログで紹介した。

以下、Target Marketingより引用する。

========================

名前とカーブを走る新モデルのイメージ 「我々は妥協しなかった」と興味深いメッセージ

スバルが展開する乗用車で、メイン・モデルとなっている「レガシィ」。同車のプロモーションのために顧客へ向けて送付されたダイレクトメールがシンプルでありながら、イメージと詳細を記載し、効果的なものになっていた。

封筒の表面には「スバル・レガシィ 2017」の名前と、オープンロードのカーブを抜けて疾走する「レガシィ」2017年モデルのイメージが大きく載せられ、裏面には、「我々は妥協しなかった。あなたも妥協するべきではない。」という興味深いメッセージが添えられ、強い印象を与えたと言える。

月額199ドルで36か月リースが可能 NHTSAからの最高安全評価獲得などをアピール

開封すると中にはパンフレットがあり、最初のページには車内のイメージが3枚並べられ、四輪駆動の性能や、高い安全性能などが簡単に説明されていた。

先のページでは、NHTSAから最高安全評価を獲得していることや、月額199ドルで36か月間リース契約が可能なことなど、様々なアピールポイントが記載され、顧客のアクションを誘う内容となっていた。ディーラーのウェブサイトや電話番号も記載されていることで、顧客からアクセスが簡単にできるように設定されていたことも、このダイレクトメールの良い点であったと言えるだろう。

(画像はTarget Marketingより)


▼外部リンク

Target Marketing
http://www.targetmarketingmag.com/

この記事を書いた人

広告研究ニュース編集部

ダイレクトメールやポスティングなどを中心として、広告に関するニュースやマーケティングに役立つ情報を提供します。